大阪・京都・兵庫|土壌汚染調査株式会社 エコ・テック

  • 0663645400
  • お問い合わせ

工場・施設の土壌汚染調査

大阪・京都・兵庫|土壌汚染調査エコ・テックTOP > 工場・施設の土壌調査

工場廃止にともなう土壌汚染調査

こんな工場・施設は、土壌汚染に要注意!

  • 印刷・ペイント・洗浄・ドライクリーニング
  • 樹脂・金属・ガラス・アルミ・プラスチック
  • 自動車・スクラップ・半導体・電池・光学製品
  • 廃棄物処理場・リサイクル・下水処理

メッキ・印刷工場は廃止時に土壌汚染調査することが土壌汚染対策法で定められており、そのほかの工場についても、土壌汚染対策法で定められている物質を扱っていれば調査義務があります。法律・条例の対象になっているか分からない場合は、エコ・テックがご相談にお乗りしますのでお問い合わせください。

義務調査

土壌汚染調査の義務がある場合は、調査会社に依頼するなどして、法に基づいた調査をしなければなりません。調査結果は「土壌汚染状況調査結果報告書」にまとめて、一定期間内に知事などに提出。土壌汚染の摂取経路があり、健康被害が生ずるおそれがある場合には、汚染対策が必要な区域として公に指定されます。

当社では、これらの調査や対策、役所やその他企業との連携、書類作成などをまとめて実行。ワンストップの窓口としてご活用いただけますので、ぜひお任せいただければと思います。

土地売買の前には自主調査を!

土壌汚染調査の義務を法的に負っている場合、負っていない場合、どちらの場合でも、土地売買の前に自主調査をされることをオススメいたします。理由は以下の通りです。

調査の義務を負っている場合

法に基づいて土壌汚染調査をする場合、その結果を役所に提出しなくてはいけません。汚染があった場合はネット上で公開されてしまうため、土地売買で不利になる可能性があります。ですので、工場廃止を申請して義務調査の責任が生じるよりも先に、自主的な調査・対策を行ったほうがいいでしょう。当社では、ご予算と目的に合わせて的確な調査メニューをご提案いたします。

調査の義務を負っていない場合

土壌汚染調査の義務を負っていない場合でも、土壌汚染が自然発生的に起きてしまっていることもありますし、油など法に定められていない物質でも異臭などが不快感につながり買い主とトラブルになる可能性があります。土地取引の前にはなるべく土壌汚染調査を行い、リスクを軽減したほうがいいでしょう。

売買の予定がなくても……

そもそも売買の予定がなく、工場を廃止したあとご自分で土地活用される場合にも、土壌汚染調査はしておいたほうが無難です。もし土壌汚染があった場合、健康被害が生じたり異臭が発生したりといった問題が発生するかもしれません。

汚染は時間とともに範囲が広がり、それにともなって対策費用も増加しますので、早めに調査だけでもしておくといいでしょう。エコ・テックは土壌汚染に関するさまざまなご相談にお乗りしますので、お気軽にお問い合わせください。

土壌汚染調査のプロ「エコ・テック」にお任せください

土壌汚染調査プロ「エコ・テック」お任せください

エコ・テックご利用メリット

エコ・テックご利用メリット

エコ・テックについて

  • ご提供サービス
  • 実績一覧
  • ご提案事例
  • ご提供サービス
  • 実績一覧
  • ご提案事例

当社のサービスやこれまでの実績・ご提案事例は、こちらからご覧ください。

無料相談・お問い合わせはこちら

無料相談・お問い合わせはこちら