大阪・京都・兵庫|土壌汚染調査株式会社 エコ・テック

  • 0663645400
  • お問い合わせ

土地売買

大阪・京都・兵庫|土壌汚染調査エコ・テックTOP > 土地売買

土地売買をするならやっておきたい!
土壌汚染調査の重要性

近年、土地売買に際して土壌汚染調査を依頼する方が増えてきています。

土壌汚染調査には「法律上必ず行わなければならないケース」と「自主的に行うケース」の2通りが存在しており、法律で義務づけられているのは以下の4ケースです。

  • 土壌汚染対策法3条:有害物質を製造、使用又は処理する水質汚濁防止法・下水道の特定施設の使用が廃止された場合
  • 同4条:3000m2以上の形質変更(※)時
  • 同5条:健康被害発生のおそれがある場合
  • 同14条:自主調査の結果を区域指定申請する場合(任意)
※形質変更:掘削や盛り土、開墾などで土地の形や性質を変えること

特定施設を廃止する場合や大規模な工事を行う場合など、土壌汚染調査を「しなければならない」機会はかなり限定的。しかし最近になり、土壌汚染が訴訟問題に発展するケースも出てきているため、上記の法律に基づかない「自主的な土壌汚染調査」が増えているのです。

85%を占める自主調査

社団法人・土壌環境センター調べによると、2010年に行われた土壌汚染調査のうち、法律・条例に基づく義務調査は15%。残り85%は、土壌汚染対策法に関係なく自主的に行われた調査でした。

たとえ工場跡地などでなくても、土壌に汚染物質が自然発生的に溜まってしまうこともあるため、念には念を入れて調査される売り手の方が多いようです。調査や対策の結果「安全」と法的なお墨付きを得れば、その土地の安全性を買い手にアピールできるという点も、土壌汚染調査を依頼するメリットと言えますね。

スムーズな土地取引のため、あらかじめ土壌汚染調査を!

土地の買い手の方が「土壌汚染調査をして欲しい」と依頼するケースも増えてきています。取引成立後に土壌汚染が発覚した場合は、訴訟に発展することがほとんど。売り手の方が売買取引を始める前に土壌汚染調査をしておくと、無用なトラブルを避けられます。

私たちエコ・テックは土壌汚染対策のスペシャリストとして、土地の汚染調査・対策を承ります。コンサルタントがお客様のご要望やスケジュールに合わせて最適なプランを組み、売買計画をサポートしますのでお気軽にご相談ください。

以下のページでは、土壌汚染調査について「工場」と「その他」の2通りで解説しておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです。

土壌汚染調査のプロ「エコ・テック」にお任せください

土壌汚染調査プロ「エコ・テック」お任せください

エコ・テックご利用メリット

エコ・テックご利用メリット

エコ・テックについて

  • ご提供サービス
  • 実績一覧
  • ご提案事例
  • ご提供サービス
  • 実績一覧
  • ご提案事例

当社のサービスやこれまでの実績・ご提案事例は、こちらからご覧ください。

無料相談・お問い合わせはこちら

無料相談・お問い合わせはこちら